2016年7月19日からカウント
Total 00087224

MGAへ参加

Multi-GNSS Wiki Login

*__*Multi-GNSS Asia TERMS OF REFERENCE

事務局:
後援:



メディアパートナー:

キャンペーン

背景

アジア・オセアニア地域は、世界でいち早く多くの次世代測位衛星が利用でき、衛星測位の性能の向上が期待される特徴的な地域です。この地域での利用実証実験は、新たなユーザーの要求に取りこみ、新しい受信機ハードウェアやアルゴリズム、アプリケーションを試験し、検証する絶好の機会なのです。

アジア・オセアニア地域は新しいGNSS時代のショーケース
GPS+GLONASS+Galileo+COMPASS+IRNSS+QZSS

目的

キャンペーンの主な目的:

  • ・アジア・オセアニア地域のインフラにGNSSサービスを統合してくことを通じて、アジア・オセアニア地域における衛星測位、航法、タイミング(PNT)サービスの導入や活用を促進し普及させること
  • ・新たなマルチGNSSの活用や地域での利用を推進し、ユーザーコミュニティーからGNSSプロバイダーへ寄せられる相互運用性に関するニーズや要求をフィードバックさせること
  • ・アジアオセアニア地域のGNSSプロバイダーやユーザーが新たな利用方法を開発したり、共同で実験や実証を行えるよう促進すること

MGAキャンペーンの三本柱

アジアオセアニアマルチGNSS実証キャンペーンとは、2010年から5年程度の期間に実施される一連の実証実験の推進活動です。このキャンペーンは以下の3つで構成されています。

1) インフラの構築
マルチGNSS衛星群に対し正確な軌道やクロックオフセットを生成するために、マルチGNSS監視ネットワークが国際協力の下に構築されます。
2)プロジェクト
アジア・オセアニア地域のGNSSプロバイダーや受信機製造業者、地域サービスプロバイダー、行政機関や大学が、災害管理、高度道路交通システム、精密測位、位置情報システムといった、新しいもしくは拡張されたマルチGNSSアプリケーションの共同利用開発や実験を推進します。
3) 地域ワークショップ
共同実験についての報告や結果、また新しい共同プロジェクトの企画が生まれるGNSS地域ワークショップは、アジア・オセアニア地域で毎年行われます。