2016年7月19日からカウント
Total 00109875

MGAへ参加

Multi-GNSS Wiki Login

*__*Multi-GNSS Asia TERMS OF REFERENCE

事務局:
後援:



メディアパートナー:

MGA 組織

マルチGNSSアジア(MGA)とは、アジアとオセアニア地域においてマルチGNSSの利用や実用性の促進を目的とする組織である。

組織図

運営委員会

1) 運営委員
Name Affiliation Country Role Years
Teruyuki Kato Earthquake Research Institute, the University of Tokyo Japan Co-chair (2015-) /
Disaster Mitigation and Management WG
2011-
Ta Hai Tung Hanoi University of Science and Technology Vietnam Co-chair (2016-) / Appointed (Academia) 2015-
Noboru Noguchi Hokkaido University Japan Precise Positioning WG 2011-
Naohiko Kohtake Keio University Japan LBS WG / Capacity Building WG (SYP) 2011-
Sorawit Narupiti Chulalongkorn University Thailand ITS WG 2011-
Noordin Ahmad Malaysian National Space Agency (ANGKASA) Malaysia Appointed (ASEAN countries) 2011-
David A. Turner Department of State USA Appointed (ICG) 2011-
Rainer Horn GNSS.asia Germany Appointed (Industry) 2015-
Nobuaki Kubo Tokyo University of Marine Science and Technology Japan Capacity Building WG (SYP) 2017-
Suelynn Choy Royal Melbourne Institute of Technology (RMIT) Australia Appointed (Public Relations) 2017-

2) 顧問
Name Affiliation Country Role Years
Akio Yasuda Tokyo University of Marine Science and Technology Japan Advisor (2016-) / Fmr. Co-chair (2011-2015) 2011-
Chris Rizos University of New South Wales Australia Advisor (2016-) / Fmr. Co-chair (2011-2016) 2011-

インフラ構築

マルチGNSS監視ネットワークの構築は:

  • 実験のための正確な起動、クロックオフセットの推定予測、マルチGNSSシステム間の時刻オフセットバイアス、電離層遅延、対流層遅延、その他有益な情報を生成することを目的としています。
  • 国際GNSSサービス(IGS)やその他関連機関と共同で進められています。

利用開発と実証

マルチGNSS利用の共同開発とは:

  • マルチGNSSを利用することによる利点だけでなくマルチGNSSシステム間の相互運用性の重要性を実証することを目的としています。
  • サービス、利用分野、各諸国毎の関心や要求によって設立されたグループやチームによって推進されます。
  • グループやチームは大学、産業または地域によって構築されています。

ワークショップの開催

GNSSアジア・オセアニア地域ワークショップとは:

  • 将来の共同プロジェクトを議論したり、年に一度、既存のプロジェクトの状況や結果を発表することを目的としています。