2016年7月19日からカウント
Total 00109867

MGAへ参加

Multi-GNSS Wiki Login

*__*Multi-GNSS Asia TERMS OF REFERENCE

事務局:
後援:



メディアパートナー:

スケジュール

Overview

  Date Place   Theme Co-Host
9th 9-11 October
2017
Jakarta, Indonesia Next Generation Multi-GNSS Resilient Solutions for Sustainable Development LAPAN, BELS, GNSS.asia, QSS, JAXA
8th 14-16 November 2016 Metro Manila. Philippines Providing Solutions by Multi-GNSS and Other Space Applications in the Asia-Pacific Region Univ. Philippines, NAMRIA, Phivolcs, BELS, GNSS.asia, JAXA, QSS
7th 7-9 December 201 Bandar Sri Begawan, Brunei Darussalam GeoSpatial Challenges in the Asia-Pacific Region Soartech, BELS, GNSS.asia, JAXA, QSS, SPAC
6th 5 9-11 October 2014 Phuket, Thailand   NSTDA, G-NAVIS, JAXA, SPAC, QSS
5th 1-3 December 2013 Hanoi, Vietnam   G-NAVIS, HUST, JAXA, SPAC, QSS
4th 8-10 December 2012 Kuala Lumpur, Malaysia   ANGKASA, JAXA, G-NAVIS, SPAC
3rd 2-3 November 2011 Jeju-island, Korea   GTC, KARI, JAXA, SPAC
2nd 21-22 November 2010 Melbourne, Australia   IGNSS, JAXA, SPAC
1st 25-26 January 2010 Bangkok, Thailand   GISTDA, JAXA, SPAC
2010年~2011年
  • マルチGNSSをモニタするネットワークの構築
    JAXAはネットワーク構築のため、マルチGNSS用受信機を提供することを計画しています。また、このマルチGNSSのコンセプトに賛同してもらうことを条件として、他のGNSSプロバイダーも受信機等のツール類を提供すべきであると提案したいと思います。
  • IGS(国際GNSS事業)と協力
  • マルチGNSSの信号を使ったアプリケーションの開発とその拡大
2011年~2012年

<実験第1段階>

  • マルチGNSS衛星が十分に利用可能となる前に、GPSとQZSSを利用した実験が実施可能となります。
  • 電離圏と対流圏遅延補正情報を生成するために、既存のGPSの地域ネットワークが利用可能となります。
  • QZSSが、共同実験のために地域用のエラー補正用メッセージを送信することが可能となります。
2012年~

<実験第2段階>

  • マルチGNSS衛星が十分に利用可能となった後、実施されてきた利用実証実験はQZSS以外のGNSSを利用したものに拡大することができます。