2016年7月19日からカウント
Total 00109872

MGAへ参加

Multi-GNSS Wiki Login

*__*Multi-GNSS Asia TERMS OF REFERENCE

事務局:
後援:



メディアパートナー:

第3回

アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップ
2011年11月2日、3日
(プレイベント 11月1日:グループディスカッション)
韓国・済州島

2011年11月1~3日、韓国・済州島にてに開催されました第3回アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップが成功裏に終了いたしまし た。Gnss TechnologyCouncil(GTC)、韓国宇宙航空院 (KARI)、(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び(財)衛星測位利用推進センター (SPAC)の共催、およびGNSSに関する国際委員会(ICG)、国際GNSSサービス(IGS)の後援の下、9カ国39機関の86名の方々にご参加い ただました。 マルチGNSSについての様々な情報共有がなされ、マルチGNSS実証実験キャンペーンとしての利用実験提案が5つ承認されるなどの成果を収めました。
本ワークショップの発表プログラムと、結果をまとめた議長レポートを掲載いたします。
発表資料は、ワークショップの参加者に公開されます。
http://www.multignss.asia/wiki

WorkshopWrapUP.pdf 議長レポート

Agenda.pdf 発表プログラム

※以下、開催案内です。

第3回アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップが、2011年11月2日(水)~3日(木)、韓国・済州島にてGnss Technology Council(GTC)、韓国宇宙航空院 (KARI)、(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び(財)衛星測位利用推進センター (SPAC)の共催、およびGNSSに関する国際委員会(ICG)、国際GNSSサービス(IGS)の後援の下、開催されます。本ワークショップでは、「みちびき」を含むマルチGNSSについての様々な情報共有がなされます。また、アジア・オセアニア地域において様々な利用分野のマルチGNSS実証実験を次年度以降実施するために、マルチGNSS受信機の貸出し方法や実験テーマの募集方法などの具体的な計画が議論される予定です。
前回までと同様、マルチGNSSの利用に興味・ご関心をお持ちの国際機関、政府機関、産業界、大学・研究機関の方々のご参加をお待ちしております。

開催日と開催場所:

日時: 2010年11月2日(水)~3日(木)
※11月1日(火)は、プレイベントとして各ワーキンググループによりディスカッションを開催いたします。
場所: 韓国 済州島
会場: フェニックスアイランドホテル
http://www.phoenixisland.co.kr/en/island/contactUs.aspx

プログラム案:

11月1日:(プレワークショップイベント)

登録時に参加者が選んだディスカッショングループによる、それぞれのテーマにおけるマルチGNSS実証実験の目的、技術、成果についての討議

  1. 1.ディスカッションについての説明(午前:11:00~12:00)
    アジア・オセアニアマルチGNSS実証キャンペーンの紹介を含む
  2. 2.グループ・ディスカッション(午後:13:00~17:00)
    ※パラレルセッションにて開催されます
    • A) マルチGNSSネットワーク構築
    • B) 精密測位(建機・農機制御)
    • C) 災害管理
    • D) 高度交通システム
    • E) 位置情報サービス
11月2日:
  1. 3.歓迎のあいさつ(9:00~)
  2. 4.キーノート・スピーチ
  3. 5.GNSSシステムの現在の状況
    アジア・オセアニアマルチGNSS実証キャンペーンの紹介
  4. 6.GNSS利用セッション(13:00~15:00)
  5. 7.QZSS Demonstration(15:30~17:00)
11月3日:
  1. 8.クロージング・セッション(10:00~12:00)
    • A) グループ・ディスカッションのまとめ
    • B) ワークショップのまとめ