2016年7月19日からカウント
Total 00118687

MGAへ参加

Multi-GNSS Wiki Login

*__*Multi-GNSS Asia TERMS OF REFERENCE

事務局:
後援:



メディアパートナー:

ワークショップ開催

第6回

アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップ
2014年10月9日-11日, タイ, プーケット

第6回アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップが、2014年10月9日(木)~11日(土)、タイ・プーケットにてGrowing NAVIS*1、(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)*2、タイ国立科学技術開発庁(NSTDA)*3、(一財)衛星測位利用推進センター (SPAC)*4及び準天頂衛星システムサービス株式会社 (QSS)*5の共催、GNSSに関する国際委員会(ICG)*6及び国際GNSSサービス(IGS)*7の後援の下開催され、14カ国約100名の方々にご参加いただき、成功裏に終了いたしました。

アジア・オセアニア地域におけるGNSS技術の教育の重要性や各利用分野における複数GNSS利用等の現状や取組、マルチGNSS実証実験キャンペーンとしての実証実験の結果についての情報共有がなされました。また、産業界を中心とした新たな実証実験が提案されエンドースを得るなど、新たな成果も収めました。
本ワークショップの発表プログラム及び結果をまとめた議長レポートについては以下に掲載いたします。

議長レポート

発表プログラム

また、発表資料は、Multi-GNSS Wiki(http://www.multignss.asia/wiki)を通じてワークショップの参加者およびMGA参加者に公開されます。

以下、開催案内

開催日と開催場所:

日時: 2014年10月9日(木)~11日(土)
開催地: タイ プーケット
会場: The Royal Paradise Hotel & Spa, Patong Beach, Phuket, Thailand
http://www.royalparadise.com/

プログラム案: 10/3更新

10月9日(木)
13:00-18:00

1. GNSSチュートリアル・セッション
・GNSS測位の技術に関するチュートリアル

(1)An Ionospheric activity indicator for GNSS applications: Definition and Assessment. (Jaume Sanz Subirana - Universitat Politècnica de Catalunya)
(2)Accurate Global Ionospheric Model for GNSS users (Jaume Sanz Subirana - Universitat Politècnica de Catalunya)
(3)GNSS Meteorology from ships as moving platforms (Stefan Junker, Universitaet der Bundeswehr Muenchen)
(4)Peer-to-peer ARAIM Approach for Integrity Assessment in ITS Applications (NAVIS Centre, Hanoi University of Science and Technology, Politecnico di Torino)
(5)Cloud Environment for Mobile Applications Testing (François Spies, University of Franche-Comte)
(6)Introduction to GSILIB (Tomoaki Furuya, Geospatial Information Authority of Japan, GSI)
(7)GNSS AND GEOSPATIAL INFORMATION COOPERATION (Takeo Tadono, JAXA)

2. ポスターセッション:概要説明(全体)

 

10月10日(金)
8:30-12:00

3. オープニングセッション
・歓迎のあいさつ
・キーノート・スピーチ
4. GNSSシステムの現状
5. 実証実験の実施報告

13:00-18:00

6. GNSS利用セッション
7. マルチGNSSネットワークセッション

19:30-21:30

レセプション

 

10月11日(土)
8:30-10:00
8:00-8:45

MGAメンバーシップフォーラム(MGA会員限定)

10:00-12:00
8:45-11:00

8. グループ・ディスカッション
マルチGNSS実証実験の目的、技術、成果についてのグループ別討議
A) 精密測位(建機・農機制御)
B) 災害軽減と管理
C) 高度交通システム
D) 位置情報サービス
※ディスカッショングループは参加登録時に選択していただきます。また、4セッション並行して開催します。

13:00-14:00
12:00-14:00

9. デモンストレーション

14:30-15:30

10. クロージング・セッション
・グループ・ディスカッションのまとめ
・ワークショップのまとめ

 

お問い合わせ先:

本ワークショップに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いします。

アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップ事務局
Email: ws(at)multignss.asia (at) -> @
担当:館下博昭、佐藤一敏、若林野花
(独)宇宙航空研究開発機構
第一衛星利用ミッション本部 衛星測位システム技術室
〒305-8505
茨城県つくば市千現2-1-1 筑波宇宙センター